ヨガをする上で、大切なことのひとつに深い「呼吸」があります。まず最初にヨガを習いはじめた最初のクラスでもまず「呼吸」を意識することから始まるレッスンが多いと思います。またヨガには多様な種類の「呼吸法」がありますが、なぜヨガと呼吸は、深い関係にあるのか。どんな効果があるのか。呼吸がヨガに欠かせないのはどうしてなのか。今回はヨガの経典を紐解くような難しい話でなく、どなたにでもわかるように呼吸がヨガに欠かせない理由をわかりやすくご紹介していきます。

深呼吸しながら、リラックスして読んでくださいね。

無意識な呼吸にはさまざまなクセがある

人は生まれたときから、無意識に行っているのが呼吸です。誰からも教わらなくても呼吸をしていますね。

呼吸とは空気を吸って酸素を身体に取り込み、吐いて二酸化酸素を排出するというプロセスを指しますが、人によって口で呼吸を主にしてる人、浅い呼吸の人、たまに深く呼吸する人、中には右鼻をメインに使っている人、たまに左鼻だけの人とさまざまなのも事実です。

心当たりある方はいらっしゃいますか?

私はヨガを始める前は、呼吸について無意識だったし、浅めで早かった気がします。ドキドキしたり、興奮したり、イライラしたりすると呼吸が浅く口調も早くなり、さらには浅い口呼吸で「ヒッ」っと息を口だけで吸い上げるような呼吸をしていました。

みなさんはヨガを始める前はどんな呼吸を普段しているか意識したことはありましたか。

自分でコントロールできる身体運動の呼吸

呼吸は自分自身でコントロールができる身体の運動です。

無意識な癖はそれぞれあるとしても、深呼吸してくださいと言われれば吸って吐いて「フゥー」っとコントロールできますね。心臓は自分で早くしたり遅くしたりコントロールできませんが、呼吸は自分の意志で早めることも、深くすることも吸うことも吐くことも、止めることもできます。この「呼吸運動」を意識してコントロールすることで心や身体にさまざまな効果を得ることがヨガの最大の目的のひとつです。

意識して呼吸をすることで心身にさまざまな素晴らしい効果があります。どんな効果があるのか次のページで具体的にご紹介していきましょう。

呼吸による心へのアプローチ

まずは呼吸によって、私たちの心にはどのような働きかけがあるのでしょうか。

姿勢を整えてゆったりとした深い呼吸をすることで、心の乱れを落ち着かせ、緊張感をほぐし、心身ともにリラックスできます。マイナスエネルギーや日常の忙しい日々で抱えているストレスから解放されていきますが、さらに深呼吸を続けることで自然と脈拍もゆったりと打つように変化を感じます。

また、ハタヨガの「カパラバディ呼吸法」のように意識して、早く腹式呼吸をすることで心を活性化することもできます。「カパラバディ」とはサンスクリット語の直訳で頭蓋骨が輝くという意味があり、頭脳を明晰にし集中力が上がるといわれています。

呼吸はゆっくりとすることでリラックス、早めることで頭脳と心も活性化することができ、私たちは呼吸を意識してコントロールすることで心にさまざまなアプローチすることができます。

呼吸による身体へのアプローチ

では、呼吸を意識することによって具体的に身体にはどのように働きかけていくのでしょうか。

まず私たちは深呼吸を意識的にすることで肺の周りにある筋肉、関節を動かし続けることで心肺機能を高めたり、横隔膜やその周りのインナーマッスルを強化します。

心肺機能が強化されると免疫力が向上するなど、身体の機能を改善しやすい状態にできます。ヨガを始めたら風邪を引きにくくなったという声をよく聞くのはこの心肺機能の強化の効果かもしれませんね。ヨガをポーズ中の深い呼吸は体のすみずみまで活性化を促し、健康的な身体をつくっていくことができるようになります。

ヨガを始めたばかりのころは、ポーズ(アーサナ)の形にばかり着目していまいがちですが、徐々に呼吸へと意識をシフトしていきましょう。

ポーズ中、呼吸が止めたり、早くなったりしていたら、意識してしなやかに呼吸の乱れを整えていきましょう。

ヨガが心と身体をつなぐ

ヨガという言葉はサンスクリット語で=つなぐという意味です。心と身体をつなぐことがヨガの意味であり、目的でもあります。

今回のタイトルにある「呼吸が欠かせない理由」というのは、呼吸を意識的に行うことで身体と心がつながっていくというのがヨガの最大の目的のひとつであるからです。

現代の私たちは日常、忙しい日々の中でストレスや精神的なダメージを感じ、睡眠障害や摂食障害などの精神的トラブルやうつになる原因になっていたりします。

心の問題というのは、人によって様々でありはっきりと確定できる理由はありませんが、まずは日ごろのストレスを解消してあげることを習慣にしていきましょう。

また呼吸が与える身体運動によるアプローチによって心肺機能を活性化、強化して、副交感神経に刺激を与えていくことですべての内臓系器官を活発にしていくことができます。内臓系が活発になることで血流がよく、冷えや不眠から解消されていくこともできます。

心と身体をつなぐヨガを少しずつマスターしていくことでいつまでも健やかに美しく、心身ともに健康効果を高めていきましょう。