セレブやモデルは忙しいスケジュールのなかでヨガを暮らしに取り入れて美しさをキープしている。
インターネットや雑誌でそんな記事をみてヨガにチャレンジするかたは多いのではないでしょうか?

でも、なかなか結果が出ないときがあるのも事実です。
ヨガをしてもスリムアップにつながらないのはなぜなのでしょうか?

太る原因

太る原因

ここでちょっと、太る原因について考えてみましょう。
太る根本的な原因の代表格はストレスです。
私たちのほとんどは、生きていると必ずストレスが発生します。

もともと私たちはストレスを解放する仕組みをカラダのなかに持っているので、通常はそれでしのげるようになっています。

しかし現在はテレビ、インターネット、印刷物からの大量の情報、複雑な人間関係、高度な正確さを求められる仕事など、さまざまな刺激に満ちた社会になっています。

ストレスが許容範囲をこえるとカラダやココロにさまざまな反応が出たり、自分でも思いもよらない衝動的な行動を取ってしまいます。

そのひとつが食にかかわるものです。
おいしいスイーツを食べたりお酒を飲んだりすると、幸せな気持ちになったりココロがゆるんだりするものです。

でもそれらはあくまで一時的なものです。
時間がたつと魔法がとけるように食べたり飲んだりしてアガった気分は、しばらくすると高いところからストンと落ちるように元に戻ります。
そんなことが長期にわたって繰り返されると過食となり、太りがちになることも多いのです。

ではヨガの効果は?ヨガをしても痩せないのはどんな時?さらに考察を深めていきます。

太る原因をコントロールできるヨガ

さて、話をもとに戻します。

ヨガには運動によってカロリーを消費する効果もありますが、大きい別の効果は、ストレスをコントロールできるようになることです。

多くのヨガプログラムは、決められたヨガポーズ(アーサナ)と呼吸法、瞑想で構成されています。
一定のポーズを作ることで、硬直しやすいところや体液の巡りが滞っているところをほぐします。
呼吸法をつかい普段は無意識にしている呼吸を意識的に行うことで、自律神経を自分自身で整えます。
そして、瞑想のテクニックを使って日常生活のストレスを解放していきます。

つまり、ヨガを続けることで、飲食でストレス解消してしまうことが減っていき、その結果痩せる事へつながっているのです。

ヨガをしても痩せないとき

以上のように、ヨガを正しいやりかたで続けていくと必ずダイエットできます。

正確にいうと、太りすぎの人は痩せますし、痩せすぎの人はちょうどよく筋肉がつくため体重が増えます。
その人が本来もつべき理想のカラダに近づくのです。

もし、ヨガをしても痩せないとき、理由として次のようなことが考えられます。

独学でヨガをしている

シンプルな動作のため、書籍やDVDの教材を使った独学でヨガをしている場合はなかなか効果がでない場合があります。
教材での独習を選ぶことにかんしてはそれぞれの事情があると思いますが、
きちんと効果を出したいのであれば時間と経費を惜しまず、専門のインストラクターのクラスを受けることをおすすめします。

ヨガクラスに問題がある

もしかすると、ヨガクラス自体になにか問題があるかもしれません。
ヨガインストラクターのほとんどは信頼できる養成講座を受けているのでメソッドやテクニックに大きな問題があるということはあまりないと思います。
ただ、やはり人どうしがコミュニケーションをとってすすめていくものなので、どうしても相性が合わないクラスもあります。
自分の個性に合わないヨガクラスを我慢して受けると逆にストレスが増えて逆効果、ということになりかねません。
なので、「肌に合わない」「しっくりこない」という思いが少しでも浮かんだら、自分の感性を信じて他のクラスに切り替えるということも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ヨガは、自分の個性にフィットした環境でおこなうとダイエットにすばらしい効果があります。
事実、筆者自身がヨガをはじめて10年以上たちますが体重の増減がほぼないので、これは保証します。

あなたのライフスタイルにあった、すてきなヨガが見つかりますようお祈りしています!

ヨガインストラクターmitraMitra
ヒマラヤ行者やサドゥの修行をベースにしたヨガを10年ほど学んでいる。聖地巡礼がライフワークのひとつで、参拝した神社仏閣教会は国内外1,000社に届く。札幌在住。